ワキガの救世主となるべくワキガ対策に自ら励みます!!

ワキガ対策

ワキガのセルフチェックについてご紹介します。

 

 

 

【耳垢が湿っているかどうか】

 

ワキガ体質の人の耳アカは湿っていてベタベタしいることがほとんどです。「アメ耳」と言われており、ワキガ体質の人はこのアメ耳が多いのです。

 

ワキガの原因となるアポクリン腺が、耳の中に多く存在していることで耳垢が湿ってやわらかくなります。

 

 

 

【衣類の脇の部分が黄ばんでシミになっているかどうか】

 

白などの薄い色の衣類や下着の脇の部分に黄ばんだシミがたびたび見られる場合は、ワキガ体質の可能性が高いです。

 

それは、アポクリン腺から出る汗はタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などの原因物質が含まれており、これらの成分が付着することで黄ばんだシミができるのです。

 

 

 

【ワキ毛が濃いかどうか】

 

女性の場合は、ワキ毛が太くて1つの毛穴から複数の毛が生えている人はアポクリン腺が多く、ワキガ体質の可能性が高いと言われています。

 

男性の場合は、猫毛のようなやわらかくて細いワキ毛が広い範囲に生えている人にアポクリン腺が多いと言われています。

 

アポクリン腺は脇の下だけでなく、陰部、肛門、乳輪などにも存在しており、これらの部分に生えている毛の濃さもチェックポイントとなります。

 

 

 

【ワキ毛に白い粉が付着しているかどうか】

 

何もつけていないワキ毛に白い粉状のものが付いている場合は、高い確率でワキガ体質と言われています。

 

なぜなら、白い粉状のものとはアポクリン腺から出た分泌物が結晶となったものだからです。

 

 

 

【両親共に、または片方の親のどちらかがワキガ体質であるかどうか】

 

ワキガの遺伝は「優性遺伝」のため高い確率で遺伝します。

 

一般的に両親共にワキガ体質の場合は80%以上の確率で、片方の親の場合では50%〜75%程度の確率で遺伝すると言われています。

 

 

気になるワキガ手術とは?

ワキガ手術の方法は様々です。

 

その種類と料金についてご紹介します。

 

 

 

◆直接剪除法(皮弁法)

 

皮弁法とも呼ばれる剪除法は、わき毛の毛根の範囲よりもやや広い範囲の皮膚を切開して切除する手術法です。

 

専門医の目視によってアポクリン汗腺の切除を行うため、汗腺の残留率が低いと言われています。

 

保険適用の場合が多く、3割負担での費用は4〜5万円ほどです。

 

保険が適用されない場合もありますので、事前に確認するようにしてください。

 

保険適用外の場合の料金は30万円ほどです。

 

剪除法

 

 

 

◆超音波吸引法

 

脇の下を数ミリ程度切開して、超音波にてアポクリン腺とエクリン腺を振動して衝撃を与えて破壊し、汗腺を吸い出す手術法です。

 

痛みと傷が少ないため、術後の翌日から激しい運動をのぞく通常の生活を行うことが出来ます。

 

汗腺を完全に除去することは出来ないと言われています。

 

医療機関によっては保険が適用できる場合とできない場合があり、その費用は5万円〜30万円程と大きな差があります。

 

 

 

◆皮下組織吸引法

 

脇の下を数ミリメートル切開して、汗腺を吸引する手術法です。

 

アポクリン腺を完全に取り除くことは困難だと言われています。

 

手術の所要時間は1時間ほどで、回復も早く体への負担が軽い手術法です。

 

保険適用外で費用は20万円ほどです。

 

 

 

◆ミラドライ法

 

電磁波を脇の下の皮膚にあてることによって汗腺を破壊する先端技術を駆使した治療法です。

 

皮膚を切り開かないので手術跡も残らず、体への負担が少ない手術法です。傷が残らなく、術後すぐに通常の生活を送ることが出来ます。

 

保険適用外で費用は35〜40万円ほどです。

 

 

 

 

◆クワドラカット法

 

アポクリン腺を除去する手術なのですが、切開の範囲が狭く、手術の痕も小さいです。

 

手術の所要時間は1、2時間ほどです。

 

保険適用外で費用は30万円程度です。

 

ワキガ対策参考サイト:【女性】ワキガ対策|※ワキガ改善商品人気5種比較※

更新履歴