ワキガがフェロモンであった理由

ワキガというのは、実はフェロモンの一種であると考えられていました。独特な臭いがするわけですが、これで異性に対するアプローチをしていた、という説があります。実際にこの臭いをよいと考えている人もいることはあります。しかし、それでも基本的には今ではワキガが臭いとしてよくないとされるようになっています。つまりは、現代人は原則的には対策をしていたほうがよい、ということになります。その一つの方法として、ワキガ用の薬用クリームがあります。

 

これを塗ることによって、臭いをかなり抑えることができるようになります。ちなみに体質に合わない、ということもありますからこれは注意したほうがよいでしょう。いきなり大量に買い込むのではなく、まずは小型の物から試してみて、それでよかったら大きいな物を買うことです。内容量がいきなり大きい物を買うのはリスキーになります。ワキガというのは、臭いが発生する理由が二つあります。それが汗であり、もう一つが雑菌になります。この両方を抑えることができるのが、なんといっても薬用クリームになるわけです。クリームに消臭効果がありますし、殺菌効果もあります。汗を揮発させる前に消してしまうので効果があります。

 

ワキガに関する臭いの知識

 

ワキガの臭いは人によって大きく違うことになります。要するに人によって程度の差があるわけです。ではどうしてそんなことが起きるのか、といいますとそれが汗腺になります。アポクリン腺というのがあり、この量によってワキガになるのかどうかが決まることになります。ですから、はっきりいって、かなり体質の差が激しいわけです。これは仕方ないことであり、気合や根性でどうこうできるわけではないので覚悟しておくべきです。では、ワキガの人は一生ワキガであるのか、というと方法がないわけではないです。

 

一つとして、切除手術があります。ワキガを十分に改善できる方法としてお勧め出来ます。しかし、外科手術になりますから、どうしてもリスキーなこともあります。ですから、どうしてもやるべきなのかどうかはよく考えるべきであるといえます。基本的には治す可能性が最も高い方法としては手術があります。但し、人によって程度が違うことになりますから、実際にはそこまでしなくてもよい、ということのほうが多いです。それでも気になる人は相談をしたほうがよいでしょう。別に難しい手術ではないです。但し、他の汗腺に負担を増やすことになりますから、注意が必要です。

 

ワキガのニオイの特徴とは?
ワキガ体質になる原因と改善方法